アクセスカウンタ

退職校長のひとりごと

プロフィール

ブログ名
退職校長のひとりごと
ブログ紹介
平成25年3月に東京都内の公立小学校を退職しました。現役時代は校長室から学校や子供の様子を毎日発信していましたが、平成23年の11月にある事情でしばらく休止することにしました。退職してからは、趣味のランニングと書道に没頭する毎日を過ごしています。念願だった海外マラソンも、ベルリン、ゴールドコースト、グアムで完走を果たしました。
 ところが、今年の7月から左足股関節変形症が悪化し、松葉杖を使う生活になってしましました。そして11月17日に防衛医大病院で人工関節手術を受け、現在リハビリ生活を送っています。
zoom RSS

えっ、もう退院?

2017/11/26 20:49
昨日、担当医に杖歩行の様子を見てもらったら、
「いいですね。これなら来週にも退院できそうですね。」
と言われた。(えっ、17日に手術してまだ8日しか経ってないんだけど…)
手術前に執刀医から説明を受けたときは、「骨盤が削れて欠けているため、かなり大がかりな手術になります。まず、股関節を切開してから、欠けた部分を人工骨で埋め、ブリッジの金具を充てます。次に大腿骨にくさびを打ち込むように工関節をつける方法だ。従って、手術の時間も3時間半以上かかり、出血もかなり多くなることが予想されるので、場合によっては自己血の他に輸血をしなければならなくなります。」
 こうなったのも全て、放置していた自分に責任があるのだが、「手術が成功しても、通常の人工関節患者よりリハビリ期間が長くなります。最低3、4週間は覚悟しておいてください・」
とも言われた。だから、自分としてはクリスマス前に退院できれば上々だと思っていたのだ。それがたったの2週間足らずで退院とは!!!。 まあ、自分としてはこの上ない天からの贈りものだと思うことにしよう。
それより大変なのは、ナースステーションのツリーに飾る折り紙の飾りとくす玉つくりと、執刀医と看護師さん20人に渡す色紙つくりをいそがねばならなくなったことだ。折り紙の飾りとくす玉の部品はできあがっているので、後は針と糸とビーズを使って組み立てるだけだ。問題は色紙とそれを包むたとうで、ネットで昨日注文したが果たして退院までに間に合うだろうか?
記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


快適な入院生活

2017/11/20 08:55
16日に入院し、17日に手術。そして18日にはもう車椅子に乗る訓練をしました。しかし、その時点では、私の体には尿管、傷口から血を抜く管、右手に点滴の管、左手に輸血用の管と4本の管が通っていて、寝返りするにも不自由な状態でした。しかし、翌日には尿管と血抜きの管が取れ、昨日は左右の腕の針も取れてやっと自由の身になれました。歩行器を使ったリハビリも身軽に動けて楽です。一番うれしかったことは、これまで4ヶ月余りの松葉杖生活では左足に体重をかけると激痛が走ったのですが、歩行器で歩く際に左足にいくら体重をかけても全く痛みがないのです。それに、毎晩のように悩まされていた左足の神経痛もピタリと治まり、座薬や湿布も必要なくなったのです。
 私が入院している東病棟の12階病室は眺めがよくて、ほぼ360度眺望できます。よく晴れた日にはスカイツリーも見えるそうです。そして予想外だったのが、病院の食事がおいしいことです。家では一日1食で、後はつまみを食べながらビールや酎ハイを2リットルぐらい飲んでいました。しかし、病院ではアルコール禁止なので、病院から出される食事でカロリーを補うしかないのです。ですから、一日3回の食事はほぼ完食です。ごはんも3ヶ月ぶりにおいしく戴きました。
 左脚に痛みを感じることなく、リハビリ生活を過ごしている今の私は、天国にいるような気分です。(余談ですが、12階整形外科病棟の看護師さんは若くて美人が多いのです)
 
 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


山中湖ロードレース(ハーフマラソン)の報告

2015/06/02 20:34
5月31日に「スポニチ山中湖ロードレース」に出場しました。私はセントラルスポーツジムの会員で、この日はジムの貸し切りバス2台で山中湖に向かいました。
 1週間前の天気予報は雨でしたが、この日は晴れで、気温も7時半時点で21℃もありました。そして、9時15分にハーフマラソンの部がスタートしました。5qまではキロ5分半Pで超楽でした。そこから少しPを上げ、7qを通過したところで5分Pに上げました。この時もまだかなり余裕がありました。
 1周(13.6q)したときもまだ余裕でした。しかし、ただ一つ気がかりなのは汗の量です。2q毎に給水は確実にとったのですが、汗の量はそれ以上で、ユニフォームだけでなく、靴まで汗が滴り落ちていました。その不安が的中して、15qからPを上げるつもりが逆にPダウンしていくのがわかりました。呼吸は苦しくないし、筋肉痛もないのにPが上がらないのは、明らかに脱水症状が原因です。17qを通過した地点で目標の1時間35分をオーバーしてしまいました。もうこうなっては意地でも2時間以内に完走するぞと歯を食いしばって5分半Pを維持しました。ゴール前の500mの坂は周回コースのランナーも混じって混雑していたのでダッシュはできませんでしたが、何とか1時間59分余りでゴールできました。しかし、3月の鴻巣ハーフマラソンのタイム1時間40分12秒から比べて20分近くも遅いのですから到底納得できるタイムではありません。
 4月12日に走った、グアムインターナショナルマラソン(ハーフ)では、朝4時のスタートだったにも拘わらず26℃という暑さに加え、高湿度で完全にバテてしまい、ハーフレースで初めて2時間をオーバーしてしまいました。それだけでなく、何十年ぶりかに足にマメを作り、10年前の青梅マラソン依頼の脚の痙攣を経験してしまいました。更に、その後1週間下痢が続き、殆ど何も食べられませんでした。
 それに比べ、今回のレースは全くダメージが残らず、その日も小手指から自宅の椿峰のマンションまで楽々自転車を漕いで帰りました。次の日も、普段通りの調子でランニングの練習をしました。
 今後は暑さ対策のための練習方法を工夫する必要がありそうです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4年半ぶりにブログを再開しました。

2015/06/01 12:06
私が西東京市立泉小学校を退職して、既に2年が過ぎました。その泉小学校も今は統合されて存在しません。
 振り返ってみますと、私が書いた2010年11月の記事が原因で、その日以後ずっとこのブログを休止しておりました。退職した今は無職の年金暮らしのおじさんです。毎日好きなテレビを見て、15qのランニングとジム通いをしています。そして、今はもう何のしがらみも責任もないので、これからは自分の思ったことを自由に書きたいと思っています。
 考えてみますと、現役の校長時代は常に責任という重荷を背負って生活していました。2011年3月11日の大震災の日は、子供達をどのように下校させるか校長の判断が求められました。また、練馬区立立野小学校時代のある年の運動会の途中、突然大雨に祟られ、中止するか、様子を見て再開するかその場で判断し、保護者に伝えなければなりませんでした。
 いずれの場合も、校長として責任を問われることはありませんでした。しかし、一部の保護者にとっては不満を抱かせてしまう結果となりました。
 さて、今日は6月1日で衣替えの日です。だから気分も衣替えして、ブログを再開するには丁度いい日かもしれません。今回はこのブログを読まれた方からのコメントの公開については、私の一存で判断することにしました。
 何しろ今の私は全く自由の身です。我が儘と非難されようとも、自分の思ったことをストレートにそのまま書き綴っていきたいと思います。まず、今日はご挨拶まで。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ブログ記事についてのお詫びと削除、及び休止のお知らせ

2010/11/17 11:27
 私のブログに掲載した10月29日の「学校だよりで私が伝えたかったこと」の記事、及び11月4日の「法定伝染病への対応について」の記事につきましては本ブログの複数の閲覧者の方々からコメントによるご指摘をいただきました。
 私なりにいただいたご意見等を再度読み返してみますと、嘔吐を伴う感染症への対応や、二期制の通知表、ワークテストに対する考え方など、私の学校経営に対して心配してくださっている方々が多数いらっしゃることに改めて気が付きました。ご意見を頂戴して本当にありがとうございました。いただきましたご意見を真摯に受け止め、今後ご意見をいただいた皆様や泉小学校の児童・保護者の期待に応える学校経営を行ってまいります。
 また、ブログ記事の中に不適切な表現がいくつかありました。このブログをご覧になって保護者や一般閲覧者の皆様に不安や不快感を与えてしまうことになりました。この点についても深くお詫び申し上げます。
 今後につきましては、まずこの2つのブログ記事を削除することにいたします。また、私のブログ本来の目的は、泉小学校の様子や児童が生き生きと活躍する様子をお知らせするものであり、いただいたご意見を基にブログのあり方を見直してまいりたいと考えます。そのために、しばらく準備期間としてブログを休止させていただきます。
 私のブログ記事で様々なご迷惑をおかけし、更に私の都合でブログを休止するという事態を招いたことにつきまして、改めてお詫びいたします。
 この件につきましてご質問やご意見等ありましたら、直接校長までお寄せいただきますようお願いいたします。
 閲覧者の皆様には何とぞご理解いただきますようお願い申し上げます。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0


悪い予感が的中

2010/11/12 21:02
 先週から断続的に続いている嘔吐下痢症ですが、今朝は3年生で集団感染したようで17名の欠席者が出てしまいました。そこで、授業の前に児童の健康観察をして担任から報告を受けたところ、3年1組以外は1,2名の欠席ということでした。また、3年生は今日の給食が子供達が楽しみにしていたバイキング給食でしたが、延期することにしました。
 嘔吐下痢症への学校の対応策としては先日の保健だよりに続いて、今日校長名で全家庭に健康管理への配慮をお願いする文書を配布しました。流行性嘔吐下痢症は法定伝染病に該当するので、出席停止扱いとなり治癒証明書を提出すれば欠席にはなりません。
 来週はいよいよ学習発表会があります。そこで、感染予防対策として月曜日に予定されているたてわり児童朝会は中止にして、放送朝会に変更することにしました。また、水曜日の児童集会も放送で行うことにしました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


気がかりな嘔吐下痢症

2010/11/11 14:19
 今日も一日穏やかな晴天に恵まれました。日中は暖かくて、校長室で仕事をしていると背中が熱く感じるほどでした。
 さて、昨日の保健だよりでお知らせしたように、先週から低学年児童を中心に嘔吐下痢症と思われる症状を呈する子が目立ってきました。風邪に見られる咳や発熱がなくて突然嘔吐するという特徴が見られます。小型球形ウィルスが主な原因のようですが、今のところノロウィルスが発見されたという報告は受けていません。欠席者は学級2,3名程度と流行はしていませんが、元気に学校に来ても嘔吐して早退する児童もいます。
 今朝の登校の様子を見ていると、昨日マスクの着用を呼びかけたこともあって半数以上の子がマスクをしていました。学校では今週から学習発表会に向けて舞台練習が始まりましたが、欠席児童のいる学年は進行にかなり影響が出ているようです。昨年はこの時期に新型インフルエンザが流行して集会や朝会を自粛した学校が多くありました。今年度の泉小の場合は、嘔吐患者が出た学年の児童は朝会や集会に参加せず、その時間は学級で過ごすという措置をとっています。また、教室やトイレ、流し場の消毒を行い、児童には手洗い、うがいの励行とマスクの着用を担任を通して指導しました。尚、来週の児童集会については放送による集会にする予定です。
 今のところ発熱や脱水症状を伴う重症の子は出ていないようですが、一日も早くこの病気が治まることを願っています。
 
記事へ驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

退職校長のひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる