退職校長のひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS テニスボールの穴あけ

<<   作成日時 : 2007/09/14 20:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 本校の教室の机と椅子の脚にはテニスボールが取り付けられています。これも特色の一つかもしれません。掃除の時間に机や椅子を移動しても下の階には全く聞こえません。静かで落ち着いて勉強できるのもテニスボールのお陰かもしれません。
このテニスボールは隣りのテニスクラブから定期的に無償で譲り受けています。表面がツルツルになったものもありますが、殆どがまだ使えそうな新しいボールばかりです。そのテニスボールに切れ目を入れるのは、立野小の場合、代々校長の仕事なのです。私も去年からもう1000個以上穴あけをしました。しかし、一人分あたり8個のテニスボールを使うので、1000個でも125人分にしかなりません。本校児童は423名いて、音楽室や算数教室もあるので、全部取り替えるとなると4000個以上必要です。
 今日の午前中、もう予備のテニスボールがなくなったので久しぶりに穴あけをしました。20分休みになると、いつものように6年生の女子がやってきて私が穴を開けているのを珍しそうに眺めていました。すると一人の子がテニスボールでピラミッドを造り始めました。なかなか上手にできたのでデジカメで撮ってあげました。
画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
テニスボールの穴あけ 退職校長のひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる